金属アレルギーの人の腕時計対策!贈り物にもおすすめメンズ腕時計!

a0150_000063_m

金属アレルギーの症状と対策はこちら

金属アレルギーになって困ってることの1つに、腕時計があります。昔は平気だったのですが、最近は朝腕時計をして出勤すると、帰宅する頃には肌が赤くなり痒みを感じるようになりました

腕時計をつけなければ済む話ですが、慣れてしまった人や、時間に追われているビジネスマンなどは無いと不便だと感じる人も多いですよね。

実際、私も仕事上つけていないと不便なので、移動中は付けてオフィスについたら外すようにして、少しでも肌につけている時間を減らすように努力しながら使っています。

ただ、つけてる時間を減らしても症状が出ることは出るので、なんとかいい方法はないかと調べてみました。

SPONSORED LINK

汗をかく時期は要注意!金属アレルギーと汗の関係

腕時計を冬にしていても大丈夫だけど、夏だと痒くなるという人がとても多いようです。その原因は、金属アレルギーと汗の関係にあります

汗と金属がふれると、金属イオンが溶け出し肌に浸透していきます。これに対して体が異物が入ってきたと認識して拒絶反応を起こすことが金属アレルギーの原因と言われてます

腕時計は常に肌に密着していて、ただでさえ汗をかきやすい上に、夏の暑さもあいまって金属アレルギーを引き起こしやすくなるのです。

革ベルトでも金属アレルギー発症事例あり!

ベルト部分を革にすれば、少なくてもベルト部分は金属アレルギーにならないと普通思いますよね?ところが、革ベルトでも金属アレルギー発症事例はあるのです。

というのは、革ベルトを製造する過程で金属である「六価クロム」が使用されていることがあり、その微量の金属にアレルギー反応が起こってしまったというものです。

ややこしい話ですが、革ベルトだからと一概に安心は出来ないようです…

金属アレルギーの人の腕時計対策

今の腕時計を使い続けたいなら

保護液を塗る

アクセサリーの肌に触れる部分に塗る、保護液というものが販売されています。

これを腕時計の裏側に塗ることで、直接肌に触れなくなるので金属アレルギーは起きなくなります。腕時計はそんなに新しく買い換えるのは難しいので、このような商品をうまく使うのもいいかもしれません。

時計はゆるめにつける

金属アレルギーは汗と金属が触れることが原因とされています。

あえて時計をゆるめにつけることで、腕と時計の間の通気性を良くし、汗をなるべく軽減することが狙いです。

ただ、症状が軽い人にはおすすめですが完全に防げるわけではありませんので、一時しのぎ程度に考えた方がよいでしょう。

サポーターや服の上から付ける

服の上から腕時計をしている方たまにお見かけしますね。もしかしたらその人も金属アレルギーなのかもしれません。

直接触れないため、金属アレルギーを防ぐ事はできます。ただビジネスマンなどのスーツを着ている人には、マナー上難しいかもしれません。

また、汗をかくとそれが服に浸透して金属を溶かしだすため、汗を通さない素材の服を選ぶなど気をつけましょう。

SPONSORED LINK

新しく買い替えるなら

Gショックやスポーツウォッチなどの金属を使っていない腕時計を選ぶ

金属を使っていない腕時計としてすぐ浮かぶのが、Gショックやスポーツウォッチなどです。多くの商品が、合成ゴムなどを使って作られているため、金属アレルギーの心配がありません。

デザインや色にバリエーションがあり丈夫ですし、料金的にもお手軽で人気も有るため、普段使いを考えている人にはオススメです。

ただ、カジュアルになりがちなため、ビジネスシーンやフォーマルな場所では厳しいかもしれません。

金属アレルギーを起こしにくいチタン製のものを買う

ビジネスシーンやフォーマルな場所での使用を考えると、やはり金属製の腕時計が必要となってきますよね。そんなときおすすめなのが、チタン製の腕時計です。

チタンは金属でありながら、非常に金属アレルギーを起こしにくい素材として知られています。(※絶対に金属アレルギーにならないわけではりません。)

チタンというと非常に高価というイメージがあります。実際、一昔前は加工が難しかったため高価だったこともありましたが、今では加工技術の進歩とともに価格も下がってきています

このようなデザインであれば、安心して仕事にも結婚式にもつけて行くことが出来ますよね。

金属アレルギーでも腕時計は出来ます

ただし注意しなければならないのは、チタン製の腕時計をしていても、まれに金属アレルギーになる人がいるということです

どの金属に反応するのかは人によってそれぞれ違います。自分がどの金属に反応するかは、皮膚科にいってパッチテストなどで調べてもらうことで簡単にわかります。

腕時計を買ってからダメだった!となってももったいないので、先に皮膚科で調べてもらうようにしたほうが良いと思います。

金属アレルギーの症状と対策はこちら

SPONSORED LINK

お役立ち , , |投稿者:しゅう

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

PAGE TOP ↑