麦茶のポテンシャルがすごい!栄養豊富な麦茶の効能とおいしい作り方

a1380_000010_m

汗をかきやすい季節になりました。この季節、こまめに水分を摂ることが大切ですが、あなたは日頃の水分補給はどうしていますか?私の場合、水道水を飲むのも気がひけるし、どうせなら栄養が豊富なものをと思い野菜ジュースを飲んでいました。

…が、野菜ジュースって意外と高いし、栄養も加工の時にほとんどなくなってしまっていると聞いてから、何か代わりになるものを探していました。

そこでいろいろと調べてみた結果、「麦茶」がどうやらいいらしいという答えにたどり着きました。栄養だけを考えた場合もっと優れてるものはあるんですが、値段・味・毎日飲めるかなどの条件を満たすとなると麦茶が一番優れていると思います

調べてみると、ビックリするくらい栄養が豊富なことや、意外な効能があることも分かってきました。今回はそれらをなるべく簡潔にまとめてみたいと思います。

SPONSORED LINK

実はすごい!麦茶の栄養と効能

代表的な栄養素

麦茶は、以下の様なミネラルが豊富に含まれています。夏は特に汗をかいてミネラルが不足しがちなので、水分補給にぴったりです。

麦茶に含まれているミネラル

  • マンガン
  • マグネシウム
  • カリウム
  • リン

安心のノンカフェイン!保存料や甘味料もなし

麦茶にはカフェインが含まれていません。その為、赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲むことが出来ます妊婦の方とかも嬉しいですね

また、保存料や甘味料が含まれていないため、安全で美味しくいただけます。

生活習慣病を防ぐ

麦茶には優れた抗酸化作用があり、生活習慣病の「がん」・「心筋梗塞」・「脳卒中」などの原因を抑える働きがあります。

最近では、お年寄りだけでなく若い人にも珍しくない病気ですので、飲んでいるだけで予防になるのは嬉しいですね。

胃の粘膜の保護

ストレスフルな生活をしていると胃の働きが弱まっていき、自分の胃液に耐えられなくなり傷ついて行きます。ひどくなると胃潰瘍という大変つらい病気になることもあります。

麦茶はこの胃の粘膜を守ってくれる働きがあるのです。

血液をさらさらにする

麦茶に含まれているアルキルピラジンという成分が、血栓や血がドロドロになるのを防いでくれることが分かってきています。

この働きによって、血をさらさらにしてくれたり冷え性の予防にも繋がります。

虫歯の予防

麦茶にはバクテリアの定着を予防する効果があります。特に、虫歯の原因とされているミュータンス菌に効果があり、飲んでいると虫歯になりにくくなります

もちろん歯磨きをしなくていいという意味ではないので、日頃の歯磨きはしっかりとしましょう。

疲労回復高がある

麦茶のミネラルと、血をさらさらにする効果によって、夏バテの防止・疲労回復につながります

夏の水分補給には麦茶が最適ですね。

簡単!麦茶の作り方

麦茶どのように作っていますか?水にいれておくだけでも充分美味しくできますが、さらにおいしく、栄養もたくさん取る方法をご紹介します。

まず、麦茶は煮出しがオススメです。というのも、煮だすことで有効成分を出し切り麦茶の効果を最大限に受けることができますし、何よりコクと風味がましおいしくいただけます

煮だす方法もとっても簡単で、ティーバックタイプのものを例に説明すると

  1. ヤカンでお湯を沸かします
  2. ティーバックを入れます
  3. 火を止めて30分ほど放置します
  4. ティーバックを取り出して、冷えたら容器を移して冷蔵庫に入れます

こんな感じです。ちょっとした一工夫で有効成分も味も格段にアップするので試して見てください。

SPONSORED LINK

麦茶のちょっとした雑学

これは、豆知識みたいなものですので参考程度に読んでくれればいいかと思います。

意外と腐りやすい

麦茶を煮だしたものは意外と腐りやすいです。

できるだけ作った日か翌日までに飲み切るようにしましょう。

ダイエットに良い

麦茶にはカロリーがないといってもいいほど低カロリーです。ということはダイエット時などの水分補給にも向いていますね。

まとめ

麦茶は健康に良い効能がたくさんあり、おいしく、そして安いお茶です。毎日無理なく飲めます。

意外と身近にこんなすごい飲み物があるんですね。子供のころは毎日飲んでいましたが、大人になってからなぜか飲まなくなったような気がします。

夏のバテ気味の今こそ煮だして飲んでみようと思います。

最後にネットで評価が星4つ以上のおすすめの麦茶をご紹介したいと思います。

 

 

SPONSORED LINK

お役立ち , |投稿者:しゅう

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

PAGE TOP ↑