着火剤不要で簡単!バーベキュー(BBQ)火の起こし方のコツとは?

06

バーベキューの意外な食材・面白い変わり種はこちら

バーベキューは楽しいですけど、準備の火起こしが大変ですよね?

もともと、木炭は火をつけるのが比較的時間がかかる燃料です。慣れていないうちはさらに時間を取られてしまうと思います。

着火剤を使うと早く簡単につけることが出来ますが、無い場合もあるので、今回は着火剤を使わなくても出来る簡単な火の付け方をご紹介していきます。

SPONSORED LINK

守ろう!バーベキューのマナー

本題に入る前にバーベキューをする時の心構えとマナーを書いておきます。

バーベキューは公共の場で行うため不特定多数の人が楽しんでいます。周りの人・自然に迷惑がかかるような行為は控えましょう。

直火禁止!

バーベキューが出来るほとんどの場所で、地面に直火で火を起こすことが禁じられています。

炭は自然に還らずその場に残ります。また、直火による地面の植物・生物への影響は計り知ることは出来ません。

必ず、その場所のルールを守りましょう。

ゴミは必ず持ち帰る!

ゴミは自然には還りません。その場所のルールに従い、分別・持ち帰りをしましょう。

ゴミの置きっぱなしが多い場合、その場所の管理費が増え、結局は利用料金が高くなるだけです。きた時よりも美しくするくらの心構えで臨みましょう!

SPONSORED LINK

着火剤を使わずに火をつける方法

準備するもの

  • チャッカマン
  • 新聞紙

以上です!

着火剤を使わずに火を簡単に付ける方法は、なんと新聞紙とチャッカマンだけで素早やく火をつけることが出来ちゃいます

その方法ですが、動画で解説されていますので、以下の動画を御覧ください。1回観ればすぐに実践できるとレベルです。

どうでしょうか?非常に簡単ですよね。

一応動画を見る時間がない人のために文章で解説しますと

①新聞紙を切って程よい大きさに

新聞紙を縦に半分に切ります。それそさらに半分に切り、そこからさらに半分に切ります。

そうすると最初の大きさの1/8になるはずです。最後に縦長なので横に半分に切っちゃいます。

②新聞紙の棒を作る

クルクルまるめて棒状にします。巻き終わったら力を入れてひねります。

③棒の積み上げ

井桁(いげた)型に組んでいきます。井桁型とは漢字の「井」のように縦横が2本ずつ交差するように積み上げる組み方です。

動画では3~4段組んでいました。

④炭を積み上げる

棒の井桁のまわりを囲うように、炭を積み上げます。

井桁の真ん中部分は塞がないようにするのがコツです。

⑤点火する

井桁部分に点火しましょう!日が燃え広がり、十分に炭が熱せられるまで放置しておきます。

慣れれば10分かからず付けることが出来そうです。

バーベキューの火起こしのコツまとめ

バーベキューの火起こしのコツまとめ

  • 小さいもの(新聞紙の棒など)から大きい物(木の枝など)の順に火を広げていゆく。
  • 紙・炭を組む場合は、空気をの通り道を意識し、空気が十分にいきわたるように隙間を開ける。
  • 火が着いたら、最初はなるべくいじらずに熱を集中させて一気に炭を燃やす。

逆にやっては行けないことまとめ

  • しっかり待てずに炭を動かしてしまう。
  • 最初から大きな木炭ばかりをいれる。
  • 炭が湿気をふくんでいる。

最後に

私はこの方法を知る前は着火剤を使っていましたが、今では新聞紙だけで点火できるようになりましたのでオススメです。

紙が何枚かあれば出来る方法ですので機会があったら試してみてください!

バーベキューの意外な食材・面白い変わり種はこちら

SPONSORED LINK

お役立ち , |投稿者:しゅう

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

PAGE TOP ↑