腹八分目は逆効果?むしろ不健康になる恐れも

a0002_010997_m

食事を腹八分目に抑えることは健康によいとされています。

実際、「腹八分目」で検索すると、その効果がどれだけすごいかについての記事が数多くヒットしますよね。健康的にも美容的にも、腹八分目は効果が有るとされています。

実践されている方も多いのではないでしょうか。

しかし、そんな常識に警鐘を鳴らすような意見もあることをご存知でしょうか?順天堂大学医学部特任教授(医学博士)の奥村康氏によると

粗食が身体によい、腹八分目にしなさいなどと言いますが、とんでもない話です。健康管理をしっかりしている真面目な人ほど、不健康になっている可能性があります。

コレステロールなんか、気にする必要なし 医学博士が断言「逆張り健康法」腹八分目を続けたら病気になる

SPONSORED LINK

そもそも腹八分目とは?

a0001_014923_m

腹八分目とは、満腹になる量の80%くらいで食べるのをやめておくことです。

そうすることで消化器官への負担を減らし健康的に良いと考えられてきました。

また太っているのは健康的でないと考えられてきたので、カロリーを抑え健康的な体型になる方法としても「腹八分目」が有効な手段として紹介されてきました。

実は小太りくらいが一番長生きだった!?

a0002_010799_m

以前報道で、「太り気味とされる体型の方より痩せている人のほうが死亡率が高い」というものがありました。どう考えても私が考えていたものとは逆の結果なので驚いたのを覚えています。

カロリーを制限することが、健康になると思って我慢してきた人も多いのではないでしょうか。しかし

「カロリー制限が長寿につながる」という学説が、じつは人間には当てはまらない

コレステロールなんか、気にする必要なし 医学博士が断言「逆張り健康法」腹八分目を続けたら病気になる

といいます。

確かに動物実験などで食事量を制限すると、病気を抑えられ長生きすることが分かっています。しかしそれは、人間にはあてはまらないといいます。

なぜかというと動物実験の動物と違い、人間には無意識の内に食事量を調整しているため、「満腹」と思ったところが適量らしいです。

逆にそこから「腹八分目」を目指してしまうと、栄養が少なくなり結果的に長寿にはつながらないということなんですね。健康を意識して食事制限をした結果、不要に栄養分を削ってしまっている可能性があります。

その他に、私達が思っている常識が実は間違っているということを、この記事では書かれていたので、詳しく知りたい方は記事ページで御覧ください。

SPONSORED LINK

とらわれ過ぎないことが長生きの秘訣か

a0001_017424_m

動物実験の結果が人間にそのままあてはまるとは限りません。それは生きている環境も違えば、体の大きさや機能も生物によって違いがあるのですから当然の話です。

また人間も国によってや年代に寄ってそれぞれ違うものです。

「カロリーは1日どれくらいがいい」とか「理想の体重はこれくらい」とかいう情報も、それ自体が時代に合わせてかわっていく曖昧なものですし、人それぞれが違うことを考えればあまりこだわり過ぎるのはよくないですね。

逆にとらわれすぎて、自分にあわないカロリー制限などの方が、栄養不足に繋がったりストレスを貯めこんでしまったりというこ結果につながり危険といえます。

全ての情報が正しいとは限らない

全ての情報が正しいとは限りません。「カロリー制限が長生きにつながる」という意見もあれば、それは人間には当てはまらないという意見もあります。

今の常識も数年後には変わっている可能性もあります。

そう考えると、あまり1つの情報にとらわれすぎずに、自分にあった健康法というものを「無理しない」程度に取り入れていくことが大切になってくると思います。

SPONSORED LINK

お役立ち , |投稿者:しゅう

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

PAGE TOP ↑